インド式チャクラで健康増進アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダには奥深い歴史があります

アーユルヴェーダとは、インドで5千年も前から受け継がれている伝承医学です。人が生まれてから死ぬまでの寿命を、いかに幸福に過ごすかを教えてくれる人生の知恵がアーユルヴェーダです。病気というアンバランスな状態を矯正し、さらにバランスのとれた健康状態を増進し、維持する方法を説いています。病気を患ってしまっている場合の治療についてはもちろんですが、そもそも病気になりにくい心身をつくること、健康を維持し病気を予防するという予防医学の側面を大切にしています。心と身体の繋がりを理解し、自ら心と身体を癒していく方法(技術)を教えてくれる「知識」そのものなのです。また、インドの「医食同源」ともいわれ、身体の状態に応じた適切な食べ物とそうではない食べ物についても詳細に語られており、日常生活における実践的な生活医学でもあります。医学知識や医療技術のみならず、生活の知恵や哲学、生命科学の概念をも含むます。アーユルヴェーダをご希望の場合はご予約時に受付にお申し出下さい。専用のエッセンシャルオイル(精油)をご用意させていただきます。また、施術前にヴァータ・ピッタ・カッパの体質チェックが必要となります。

アーユルヴェーダ適正チェック

アーユルヴェーダの事を説明するとどうしても難しいお話しになってしまいますので、ここでは少し噛み砕いて説明させて頂きます。以下にあるチェックリストはアーユルヴェーダの施術を受けるにあたっての目安になる指標です。1つでも当てはまるものがあったらこの機会にアーユルヴェーダの施術をお勧めします。

  • 食欲があまりない
  • 尿が濁っている
  • 慢性的に便秘や下痢がある
  • 味覚があまりない
  • 発疹、できものが治りにくい
  • 寝起きがすっきりしない
  • 関節や足の裏、かかとまわりが理由なく痛む
  • 口の中がネバネバする
  • 胸焼けがある
  • 体臭・口臭が強い

アーユルヴェーダ体質チェック

アーユルヴェーダの重要な柱として、トリ・ドーシャ(Tri Dosha)という考え方があります。これは、人間の体は3つの生命エネルギーは「ヴァータ(Veda)」「ピッタ(Pita)」「カッパ (Kapha)」と呼ばれるものから成り、健康な状態というのは、この3つのバランスがうまくとれている状態のことを差すという教えです。この3つのトリ・ドーシャの特徴として、ヴァータがサンスクリット語で「風」という意味で、身体のエネルギーの運搬や循環に大きく関わっているとされています。また、ピッタはサンスクリット語で「火」を意味し、体内の消化や代謝に関係しています。一方、カッパは「水」を意味し、体内を維持するための機能、免疫などに働きかけるものとされています。私たちの生命を維持する上で、これら3つのトリ・ドーシャのバランスがとれていることが不可欠で、バランスが崩れたとき、人間は病気になるというのがアーユルヴェーダの基本的な考え方です。それでは、ヴァータ度・ピッタ度・カッパ度をチェックしてみましょう。一番チェックが多かったものがお客様の体質になります。体質に合ったエッセンシャルオイル(精油)でアロママッサージをし、バランスのとれた身体作りの手助けを致します。ヴァータ、ピッタ、カッパの体質別で使用するエッセンシャルオイル(精油)が異なりますので、カウンセリングの際の体質チェックでご確認下さい。ご予約の際どの体質か受付にお知らせ頂ければカウンセリングのお時間を短縮する事も可能でございます。

ヴァータチェック

ヴァータ体質の人の性格には、好奇心が強く機敏で活発、新しいことや変化にとんだ創造的な性格の人が多いといいます。一方で気まぐれで飽きっぽいというような側面がみられるのも特徴です。身体的には、痩せ型で肩幅が狭く、腰も細い方が多いようです。また、ヴァータ特有の不規則変動の性質から、極端に背が高い・低い等、体型がアンバランスになるケースもあります。

  • 子供の頃から痩せている
  • これまで一度も太った経験がない
  • 髪の毛が硬く、乾燥し枝毛、切れ毛になりやすい
  • 乾燥肌で、冬は肌荒れトラブルが多い
  • 体毛はうすい。毛穴が目立つ
  • 身のこなしが軽い。歩くのが早く動作も人より速め
  • じっとしているのが苦手で動いている方が好き
  • 初対面でもフレンドリーに話せる
  • 便秘になりやすい
  • 寝つきが悪い。夜中に何度も目覚める
  • 物覚えがいいが、忘れるのも早い
  • 新しいことにすぐにとびつくが、飽きるのも早い
  • ひとつのことに集中するのが苦手
  • 人の影響を受けやすい
  • 誰とでもすぐに友達になれる
  • 季節では冬が苦手
  • 感情が顔に出やすい
  • いつも新しい趣味や仕事に取り組んでいたい
  • 手足が冷えやすく、体調が悪いと体の節々が痛む
  • 買い物が大好き。予算オーバーもある
  • 元々寝付きはあまりよくない。目が覚めることも多い
  • 冬は肌がカサつき気味
  • 歯並びは悪く、大小不ぞろい

ピッタチェック

ピッタ体質の特徴は、熱性と鋭性、そして知性が強く現れます。性格としては、情熱的でチャレンジ精神が強く、好奇心も旺盛です。一方で、完璧主義者になりがちで、怒りっぽく、見栄っ張りなところもあります。身体的には、中肉中背で標準的な体型をしており、肌の色つやも良い方が多いようです。体温が高く、寒さには強いが暑さには弱く、汗をかきやすい体質です。

  • どちらかといえば中肉中背
  • 髪の毛はやわらかく、体毛は濃くない
  • 「口調がキツイ」と言われることがある
  • お通じは規則的。下痢気味の時もあり
  • 汗をよくかく
  • ソバカス・シミがでやすく、肌は赤みが強い
  • 暑いのより涼しいほうが好き。冷たいジュースやアイスを冬でも良く食べる
  • 食欲は旺盛。食事を抜くとイライラする
  • チャレンジ精神は旺盛だが粘り強さはあまりない
  • 体温が高めで、皮膚に赤味がある
  • 髪の毛は細く、少ない。若白髪が人より少ない
  • ソバカスやホクロが多い
  • 小ジワが気になる
  • 理論的でクール。議論で相手をやり込めてしまう
  • 便が柔らかい。下痢をしやすい
  • 怒りっぽい。イライラしやすい
  • 目的達成のためなら、多少のリスクや冒険はいとわない
  • リーダー的立場になるのが得意
  • 頑固
  • ファッションはブランド志向が強い
  • 状況を把握し、計画的に行動するほう
  • 人の欠点がすぐ目につく
  • 体調が悪いと、まず消化器系が弱る

カッパチェック

カッパ体質の人は、物静かで落ち着いていて、忍耐強い性格です。慈愛に満ちて献身的でもあります。一方で、おおざっぱ・鈍感、物事への執着心が強いといった面もあります。身体的には、一般に体格がよく、体力・持久力にも優れていおり、重労働にも耐えられます。太りやすい体質でもあり、運動不足から肥満になりがちです。

  • 子どもの頃からしっかりした体格で肉がつきやすい
  • 髪は豊か。体毛はやや濃いめや天然ウエーブである
  • あちこち動き回るより、じっとしてる方が好き
  • 他人に対して自分から積極的に話し掛けることはあまりない
  • 色白、モチ肌
  • 動作がゆっくりで言葉を選んで話す
  • 物事へのとっかかりは遅いが、最後までやり通す方
  • 話し方はゆっくり。食べる、歩くもゆっくりタイプ
  • 肌はなめらか。色白な方
  • 顔や手足がむくみやすい
  • 寒さには強い方だが、暖かい場所や食べ物が好き
  • どこでも熟睡できる。昼寝も好き
  • つらい状況でも音をあげない
  • 人からおだやかと言われる
  • 休日は家でゆっくり過ごすのが好き
  • グルメで食事にはお金をかけるほう
  • よく寝る。睡眠が少ないと調子が悪い
  • 理解はあまり早くないが、一度覚えたら忘れない
  • ムダな買い物は嫌いで貯金が好き
  • 集中力がある
  • 人見知りし初対面の人に話しかけるのは苦手
  • リーダーシップをとるのは苦手。人についていくほうが気が楽
  • あまり波風を立てずに平穏無事な生活がいい

アーユルヴェーダとアロママッサージ

トリ・ドーシャの診断から、身体におけるバランスが乱れた状態が現れた場合、アーユルヴェーダではアロママッサージと心身浄化法(パンチャカルマ)が勧められています。アロママッサージはアビヤンガとも呼ばれ、セラピストによる全身のアロマオイルマッサージが行われます。トリ・ドーシャの体質診断からアーユルヴェーダ医によって処方されるハーブを含んだエッセンシャルオイル(精油)が用いられ、アロママッサージによって皮膚から体内にエッセンシャルオイル(精油)を吸収させることによりトリ・ドーシャの乱れを鎮静化させます。一方、心身浄化法(パンチャカルマ)は、サンスクリット語で「パンチャ(pancha)=5つ」の「カルマ(karma)=行為」の意味であり、具体的には催下法(ヴィレチャナ、下剤療法)、催吐法(ヴァマナ)、経鼻法(ナスヤ)、浣腸法(バスティ)、瀉血法(ラクタ・モクタナ)の5つの方法で、体内から過剰なトリ・ドーシャ(病素)を排泄させて身体を浄化させる治療法です。なお、心身浄化法(パンチャカルマ)については、アロママッサージから離れ、さらなる専門的な知識を要求されるため、新潟アロマラフィネでは施術しておりません。

かなり専門的なスキルを要求されるオプションです

アーユルヴェーダは数あるマッサージオプションの中で最も高度な専門的スキルを求められます。場数をこなして・・・という類のものではなく、学術的な知識の方をより求められるため、アロママッサージというよりはアロマテラピーとなります。このオプションが対応できるセラピストは、ラフィネシステムで自動的にラフィネSSにランクに昇格しますので、どれだけ希少価値が高いのかがお分かりいただけると思います。

ハイレベルなオプションにはそれに見合う料金がかかります

新潟アロマラフィネのアーユルヴェーダは心身浄化法(パンチャカルマ)までは取り入れておりませんので、あくまでもオプションにてのご提供となります。しかしながら、技術的なスキルは無論のこと、学術的なスキルも求められる大変高度な内容となりますので、基本料金とは別にオプション代を頂戴しております。お客様には何卒ご理解ご協力の程をお願いします。

あのG店のランカー入りしていたセラピストから、 E店の大人気セラピストまで、続々移籍中。 もちろん、業界未経験のセラピストも沢山います。