アロマテラピーで心も体もリフレッシュ

香りとマッサージの関係

アロマテラピーとは芳香療法という意味です。直訳すると「香りとマッサージによる、心と身体のケア」という事になります。植物の香りの成分は、ストレスを解消して心身をリラックスさせたり、体の自己治癒力を高める作用があります。このような働きを活用し、心と体の両面にアプローチしながら心身の不調を改善し全体のバランスを整えていくのがアロマテラピーです。

アロマテラピーは、植物の樹皮・葉・茎・根・花・果実・種子等から抽出したエッセンシャルオイル(精油)を用いて心身を癒す施術です。アロマオイルはもちろんのこと、身近な所では、お香等にも取り入れられており、健康や美容に用いたり、ストレス解消・心身のリラックスを促します。

アロマテラピーと言っても、人によって捉え方は様々であり、施術方法も多様です。新潟アロマラフィネでは、高級アロマオイルを使ったマッサージにおいて利用します。アロマオイルのマッサージは、人の肌と手の温もりが混じり合うことから生じる大変効果の高い施術です。

アロママッサージで用いるエッセンシャルオイル(精油)は、心と体に働きかける効果も大変高く、欧米では代替医療として広く認知されています。エッセンシャルオイル(精油)の香りが脳に直接刺激を与え、有効成分が肌からゆっくりと吸収されることにより、相乗効果を生み出します。特に、匂いを嗅ぐということは、それを好き・嫌いと感じること、体がどう反応するかを自分で感じることなど、現代社会の様々なストレスで鈍くなっている五感を活性するためにも重要と考えられています。特に「精神的ストレス」による体調不良でお悩みの方にはお薦めです。

エッセンシャルオイル(精油)とは植物が自らを癒す為に身に付けている物質ですが、動物や人間など、その他の生物に対しての「癒し」のエネルギー効果は計り知れず、なによりもとろけるような心地よさの中、何も考えずに深いリラクゼーションを感じていただけることが一番の魅力です。

薬理効果からみたアロマテラピー

エッセンシャルオイル(精油)は、数十から数百の芳香成分で構成されているおり、薬理効果もそれぞれ違ってきます。例えば、リラックス効果があるといわれているラベンダーの主要成分は、エステル類の酢酸リナリルとモノテルペンアルコール類のリナロールです。酢酸リナリルは脳の交感神経に作用し、すぐれた鎮静効果があります。しかし、ひとえに酢酸リナリルと言っても、35%以上の含有量がなければ十分な効果はみられません。薬と同じ働きをすることから、利用にはそれ相応の知識と経験が必要です。

アロマテラピーを治療法として活用する

アロマテラピーには、症状によっていくつかの治療法があります。まず、芳香浴することは香りのもと(芳香成分)が呼吸器から肺、肺胞に取り込まれ、そこから血液によって全身に作用します。また、鼻から入った芳香成分は嗅神経細胞を刺激し,脳の視床下部に伝達され体の神経バランスに作用します。一番手軽にできるバスタイムでの使用は、肌から浸透して血液中に入り全身へ作用し同時に、呼吸器から吸入されて脳や肺へ作用します。アロママッサージでは、芳香成分を皮膚から直接吸収させ、皮膚から皮下の毛細血管に入り血液循環に乗って体に作用します。エッセンシャルオイル(精油)は、ハーブティーなどに含まれる薬効作用の50~80倍程度濃縮されています。

あのG店のランカー入りしていたセラピストから、 E店の大人気セラピストまで、続々移籍中。 もちろん、業界未経験のセラピストも沢山います。